ぼけなすかよのひとりごち2

ピアノ弾き須藤かよの音楽や日々の出来事など

Posted by 須藤かよ

Posted by 須藤かよ
  0 comments
  0 trackback

エルメートパスコアルのライブに飛び入り!大事件発生の犯人は私ですの巻

先日エルメートパスコアルのライブに飛び入りした時の映像です。
https://youtu.be/7ia187mSpCY

いやはや、
20歳くらいの時にジャズ研のかっこいい先輩にオススメの曲教えてください!と言ったらカセットテープをくれてその中のエルメートに痺れて、そしてレコードのピアノソロのBebeを聴いて衝撃をうけ号泣してから、
エルメートの追っかけストーカーをする事いく年月。ライブは思い起こせば読売ランドの時から。
ありとあらゆる手を使って毎回楽屋に侵入し、読売ランドの時は大きな舞台をいさぎよくよじ登り、あまりにありえない行動で誰も止めなかった。(毎回イチペレは猛烈にいい人でCDをいつも下さり)、あの時は楽屋に故切石さんもいたな〜。ボアダムスメンバーとかもいたな〜。
ある時はプレス向けのライブに脅迫気味にうろちょろし、見事潜入し、プレゼントとか渡してピアノソロに猛烈号泣し、
ある時は楽屋に侵入すべく嘘八百をまくしたててとにかく死んでも会ってやる!とストーカーの眼差しでガルル〜〜と病的に興奮し、こいつはやばい、と、周りも察知して、笹子さんに、クールダウンするためにそこら辺一周してきたら、と言われた事もあり。
2010年の時にはホテルまでイチペレに会いに行き、ブラジルにおいで、という言葉を間に受け、リオに行きイチペレの所に押しかけ、レコーディングにも参加させてもらい、ミラクル三昧させてもらい。(ポルトガル語は1から10まで、と、トイレはどこですか?しかわからない状態で行き、会話は本能で全身を研ぎ澄ませてしました)
そんなこんなで、すいません、どうか、多めにみていただければ。
本当に無茶して暴走列車で色々な方にいつもご迷惑かけて、謝って済ます所存です。
今回、改めて、凄い人だ、、!と、肌身に感じました。
恐怖と厳しさと優しさとユーモアとぶっ飛びと、お茶目と理性が取り揃ってました。
ダリやピカソやチャップリンや小津安二郎や、マルチェロマストロヤンニや、ジスモンチや、萬屋錦之介や、勅使河原三郎や、
私の尊敬する人すべてに共通する何か、が、生で肌身に感じられたのは一生の宝です。
これからも精進するべしという、
何か覚悟みたいなものが、また湧いています。
本当にあいすいません。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kayopiano.blog.fc2.com/tb.php/168-0e336b4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。